被災地で家の泥棒を監視する小さなアイテム

台風19号の影響で、今、私たちは、出来ることを協力し合っています。今、水は給水車が来て、もらいにいけばなんとか足りております。電気と光回線は、無事なので使用することが出来ます。男の人たちは、家の中の汚れた畳や家具を決まった場所に運んだり、川から流れてきた泥を運んだりしております。私とママ友たちは集まって掃除をしたり、食料をもらいに行ったりしていますので、普段はそれぞれ家をあける時間が多いこともあるんです。

こんな状況の中!皆がこんなに大変なのに人の家に入って泥棒をする人がいるみたいで、すでに近所では入られてしまって、現金だけを取られた事件が発生しました。被害額は数万円と言っておりましたが、こんな時を狙ってくる人がいると思うと、人ごとではありませんでした。

そこで、ママ友たちと話し合って、みんなの家に泥棒に入られないように、どんな工夫をしているか話を聞いていると、鍵を閉めているだけの人がほとんどでした。私の家は、留守中に猫(モモちゃん)の様子をみたり、たまに部屋の中を見たりしたいので、普段から、この超小型隠しカメラを設置してあるんです。この小さなカメラを4部屋に設置してあるんで、いつでもスマホで見ることが出来ます。WiFiに接続していれば、いつでも見れることができます。ママ友に見せたら、あまりにも画像が綺麗なので、驚かれておりました。

皆の家にはWiFiがあるのか聞いてみたところ、子供達がスマホやゲームをするので、みんなWiFiはあると言っておりました。そこで、現在、私の家に集まることが多いので、留守になることが多い家に、このカメラを設置してあげることにしました。交代でたまにスマホで家の中を見て、確認するようにして防犯をしておりました。みんなが全員忙しいときは、動体検知にしておけば、何かおかしな動きがあれば自動で連続録画されますので、すごく便利です。動体検知機能のことを話したら、あまりにもすごかったみたいで皆が驚いておりました。今は、交代でこのカメラを使っていますが、落ち着いたら、皆、それぞれ購入してセットするみたいです。

今の所、私たちの家には何も異常はありませんが、避難所にいくようになって、家の中が心配な方には、これはおすすめかと思います。ペットの様子もみれるし、とても便利だと思います。是非、参考にしてください。