川の浸水で家の壁や畳からカビが発生!防ぐ方法はこれです!

台風19号の影響で、川の堤防が決壊し、私のママ友(沖山さん)の家が約1m近くまで浸水しました。家の中を見させてもらうと、川の水が入ってきた所まで川水で濡れているので、はっきりとわかりました。もう、すでに少しカビも発生しておりました。カビってこのままにしておくと、すごいスピードでどんどん広がっていってしまいます。そこで、大工さんの経験がある人が近所にいたので、見てもらうと、このままだと、カビが大量に発生するので、畳を取り除き、その下のベニヤ板を男の人たちで取り除きました。

壁もこのままでは、まずいので、濡れている部分までの壁を内側だけ綺麗に壊し、風通しをよくしておきました。こうしておくことによってある程度の、カビは防げるそうです。しかし、台風19号が過ぎた後も、追い打ちをかけるかのように雨が降り、家の中の状態もよくありませんでした。そこで、私は、カビの発生を防ぐときは、この強力カビ防止剤を使っているので、家から持ってきて、床下、壁等のカビが発生しやすいところにスプレーしておきました。この薬はかなり長期にわたりカビの発生を防いでくれるので、スプレーしておいたところには、いまだにカビの発生はありません。

もし、天井や二階の壁の部分にカビが発生してしまった場合は、こちらの強力カビ取り剤をスプレーしておき、30分くらい放置したら、あとは拭き取るだけで、カビが簡単に取れます。そしたら、強力防カビ剤をスプレーしておけば、カビの発生を長期に防いでくれますので安心できます。

カビが恐ろしいのは、カビが発生している家の中で生活していると、カビの菌を吸い込んでしまい、変な咳がでるようになり徐々に病気になってしまうケースが多いのです。そうならないようにカビを見つけたら急いで取り除くことを考えないといけないのです。この2つのスプレーは、家の中にはいつも置いてあるので、こういった状況の中で沖山さんの家に使い、カビの進行を防ぐことができるとは思ってもみませんでした。

沖山さんもこれで晴れが続いて、家の中の状態がよくなったら、新しいベニヤ板で床下を防ぎ、新しい畳を入れると言っておりました。壁は、ご主人がボードを買ってきて、張りつけ、ご自分でクロスを貼って仕上げるみたいです。こんな状況になってしまったので、見た目は悪いけど、あんまりお金をかけずに、生活すると言っておりました。私も、こんな異常な天気では、生活できるだけ幸せに思いましょうよって沖山さんと話をして、これからも何かあったら助け合おうと思いました。