公営住宅の排水溝がつまり、水が逆流してきたときの解決方法

私のママ友に岸谷さんという方がいるのですが、岸谷さんは、公営住宅に住んでいます。岸谷さんとは、子供が同じ部活に入っているのでよくあって話すのですが、最近、お風呂の排水溝の流れが悪くなってきて、水を流すと逆流してきてしまって困っていると言っておりました。

私も同じような経験があり、私の家の排水溝がつまったときは、主人の仕事仲間に水道屋さん(守谷さん)がいるので、その方に来てもらって、業務用の薬を入れてもらって、つまりをなおしてもらったんです。

そのおかげで、私の家の排水溝がつまるようなことはなくなりました。私は、主人にこのことを話したら、早速、電話をしてくれたみたいで、次の日に守谷さんが岸谷さんのところに行って見てくれました。

守谷さんがいろいろと調べると、公営住宅の下水道の配管は、1階~4階まで各家庭で1本の配管になっているといいました。配管は、お風呂、洗面所、トイレ、台所の水回りが全て1本の配管になっていたみたいです。

岸谷さんの家は、3階になっていたので、お風呂、洗面所、トイレ、台所の順番に水を出して調べてみると、お風呂と洗面所のところが流れが悪いことがわかりました。これがすべて流れが悪いと、下の階の配水管が悪いことになります。

守谷さんは、すぐに、この業務用排水管洗浄剤をお風呂と洗面所のところにばらまき、50度のお湯をつくって、ゆっくりと排水口に注ぎ溶かすと、泡がしゅわしゅわと出てきたので、その状態で3時間ほどおきました。3時間たったら水を大量に流してみると、つまるようなこともなく、快適に流れました。

念のために、トイレと台所にも薬をまいて、時間になったてから流しておきましたので、ほとんど配管は綺麗になったと思われます。それから、1ヶ月は、たちましたが、排水溝がつまるようなことはなくなったみたいです。この薬は、業務用で強いので、下の階の人の配管も多少は、綺麗になったと思います。